前髪ハゲ 高校生 原因

高校生の前髪ハゲの原因は?

高校生でも大人でも、男性が薄毛になる原因は全て男性ホルモンと関係があります。

 

ストレスの場合

ストレスが溜まると、体内に張り巡らされている毛細血管がどんどん縮まっていきます。

するとそれを抑えて、狭くなった血管を広げようと、脳はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンを大量に作り出します。

この男性ホルモンが、頭皮に含まれている酵素=5αリダクターゼと結び付くと、抜け毛の原因となる悪玉ホルモン=DHTに変質してしまうのです。

 

生活習慣の場合

お酒やタバコなども過度に摂取するとストレスと同じように毛細血管を収縮させます。

 

すると、上に書いたストレスを受けたときと同じように男性ホルモンを分泌して血管を広げようとする働きがおきるので、結果として悪玉男性ホルモンが発生して抜け毛につながってしまうのです。

 

 

このようにストレスだろうが生活習慣だろうが、最終的には頭皮の酵素(5αリダクターゼ)との反応が薄毛を引き起こします。
言い方を変えれば、どんなにストレスが溜まっていても、酵素5αリダクターゼの量が多くなければ髪が抜け落ちる心配はありません。

 

これは遺伝に関しても同じであり、親は毛が薄いのに、子供は意外と髪の量が多い場合、酵素の量に差があります。

 

ストレスは解消した方が良い?

高校生の場合、抜け毛の原因は受験のストレスもあるでしょうし、夜更かし等の生活習慣もあると思います。

 

ストレスや生活習慣を改めるのももちろん重要ですが、この先の人生で就職や大人になってからも新たなステージでのストレスは必ず出てきますし、それらをゼロにすることは不可能です。

 

そうなると、ストレスを抑える・生活習慣に神経質になるというよりは遺伝の影響で必要以上に多い5αリダクターゼを抑えるという方向で対策を進めた方がより確実です。

 

5αリダクターゼを抑えるには、一番いいのはAGA薬の服用ですが、未成年の場合はAGA薬は処方されません。

 

なので、選択肢としては男性ホルモンに対応した育毛剤を使うのが一番でしょう。

 

育毛剤の中でも医薬部外品や化粧品として販売されているものは副作用がないため、高校生でも安心して使うことができます。

 

その中で、5αリダクターゼへの対応を謳っている育毛剤を選べば間違い無いでしょう。

 

≫高校生の前髪ハゲにオススメの育毛剤はこちらで解説